カップル

夏バテを気にせず楽しく過ごすために│予防法を身につけよう

健康食品で肥満予防

黒酢

黒酢は代謝を促進し脂肪の燃焼を助けるためダイエットに利用できますが、食欲を増進させる効果もあるので、食後に飲むのがお勧めです。黒酢にはダイエットのほかに、血圧を下げたり血流を改善したりする効果も期待できます。

活性酸素を撃退する

飲み物を飲むレディ

丹羽SODとは活性酸素とSODの権威丹羽医学博士が開発した健康食品です。SODという酵素と似た働きをします。体内で余分な活性酸素を消し去ることで健康の補助をしてくれます。粉状の健康食品で様々な種類が販売されています。

奇跡の蜂蜜を食べてみよう

ハチミツ

「奇跡の蜂蜜」とも呼ばれるマヌカハニーは、ニュージーランドのマヌカの木から採られた蜂蜜です。強い殺菌・抗菌効果があるため、健康食品として注目されています。マヌカハニーは1日にティースプーン1杯を3〜4回そのまま舐めるのが基本的な食べ方です。

夏でも元気に過ごすために

海と女の人

日本の夏に疲れた状態

夏になると日本は高温多湿な気候になります。体はこの高温多湿な気候の中でも体温を一定に保とうとフル稼働します。また室内ではエアコンを使うことが多く、室内と外との温度差で自立神経が乱れてしまいます。そのような状態が長く続くことで、体は疲れが取れなくなり、食欲がなくなり、睡眠不足になり、典型的な夏バテの症状になってしまいます。夏バテという言葉は多くの方が知っている言葉ですが医学的な言葉ではなく、体が日本の高温多湿な気候に疲れ体調不良になってしまった状態の総称です。夏バテは避けられないものだと思っている方も多くいますが、予防したり改善したりすることは可能です。それは体の健康を維持するための基本と同じで、生活習慣の見直しが大切です。

予防には生活習慣の見直し

夏バテは生活習慣を見直し、バランスのとれた食生活と運動としっかりとした睡眠が出来ているとほとんどなることがありません。夏バテは日頃からバランスのとれた食生活をして運動の習慣がある方はあまりなることはありません。一方で日頃から不摂生が続いていると気候が暑くなった途端の体調を崩してしまうことが多くあります。また、夏バテを予防するためには水分補給を欠かすことができません。夏はただそこにいるだけで体から多くの水分が出て行ってしまっています。喉が渇いたと感じる前に水分を補給することがとても大切です。また疲れを取るためにビタミンB、ビタミンCは欠かせない栄養です。疲れやすい夏はサプリメントなどで補給するとより疲れが取れやすくなります。またクエン酸やアリシンの摂取もおすすめです。